見出し画像

医療へ投げかけるアツいメッセージビジュアル、ここに置いときますね。~小泉孝太郎主演「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

最近、東京の日比谷線日比谷駅の中目黒行きホームをご覧になった方はいますでしょうか?

画像1

ちょっと「ドキっ」とする言葉たち…。実は1月14日~21日まで、テレビ東京のドラマ「病院の治しかた」が電光パネルをジャックしていたんです。その掲出期間が本日終わっちゃうのですが、一つ一つのメッセージが医療界の問題になげかける”あるある”メッセージだったので、noteユーザーの皆様にもお目にかけておきたく、この場に載せておこうと思います。

画像2

医療ドラマが目白押しとなった1月クール。6作品とかいうお話も…。そういう中でテレビ東京が伝えたかったひとつはこれです。「医者が病院を治すドラマがあってもいいんじゃないか」。そう、天才外科ドクターも念仏を唱えるドクターも恋するナースも出てこないのです。

主演は小泉孝太郎さん。

画像3

あくまでも、ドラマの話ですよ!

病院の旧体制・既得権益をぶっ壊すため奮闘します。そして共演は高嶋政伸さん。銀行員の倉嶋亮介役。小泉さん演じる有原修平医師と二人三脚で病院を立て直します。

画像4

そしてなぜ今、「病院の改革」が必要なのか!?都心に住んでいるとピンと来ないかもしれません。そこを伝えるメッセージボードもあるんです。


【この続きは!お引越ししたテレビ東京公式noteへ!是非移行お願いいたします。】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします!
23
👇テレビ東京公式noteはこちらのアカウントにお引越ししました🍌 https://tv-tokyo-note.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。